アトピー性皮膚炎のスキンケア商品とケア方法

子供の頃からアトピーが顔に出やすいです。私の肌コンプレックスは何といってもアトピー性皮膚炎。アトピーは完治することはないので、自分の体質と上手くお付き合いすること。酷いときはしっかり皮膚科処方のステロイドを塗って炎症を抑えますが、流石に1年中ステロイドを塗るのは抵抗があるので、アトピーを酷くさせないためのスキンケアは毎日欠かさずやっています。

 

私のアトピーは乾燥と花粉によるかぶれが主な症状です。悪化させないためにはやはり乾燥をしっかり防ぐこと。けれど色んな成分が入ったものを使うと痒くなって肌の状態を悪化させてしまうのでなるべくシンプルな成分の物を選ぶようにしています。同じラインで揃えてはいませんが、比較的安価な物です。化粧水はちふれのしっとりタイプ、乳液は使わずにキュレルの潤浸保湿フェイスクリームの2点です。

 

使用期間はもう5年以上です。商品もほぼリニューアルすることもないので成分が大きく変わることがないのも長く使用している理由の一つです。ただ使用するタイミングを工夫することは必要です。そのちょっとの工夫で良い肌を維持できることが分かりました。

 

私の工夫とはお風呂に入るときにその2点のスキンケア用品を浴室に持ち込みます。

お風呂から出る前に軽く抑えるようにタオルで水分をふき取ってから化粧水をパッティング、その上からクリームを薄く塗って保護します。

 

お風呂に入っているときは潤っているけど、脱衣所に出た瞬間に肌が一気に乾燥していきます。それを防ぐために浴室内でスキンケアをしています。このスキンケアをすると自分の肌に合っているものなら効果を最大限に感じることができます。

 

ちふれの化粧水に入っているグリチルリチン酸2Kは肌の炎症を抑え、キュレルの潤浸保湿フェイスクリームはセラミドが配合されいるので肌バリアとして効果抜群です。

どっちも薬局で手に入る物かつシンプルな配合なので私は副作用など感じることも一切ありません。